☆ 香川市議:神戸市議会で一般質問(予定)

「香川 しんじ」市議
香川しんじ市議、6月28日一般質問に登壇予定です。

【6月議会】

 6月11日(金曜)午後2時~
 6月17日(木曜)午前10時~
 6月24日(木曜)午前10時~
 6月25日(金曜)午前10時~
 6月28日(月曜)午前10時~

令和3年第1回定例市会(6月議会)日程

☆ノエビアスタジアムの集団接種会場

「あわはら 富夫」市議
ワクチン接種券が届き、ネットで予約。ノエビアスタジアムの集団接種会場です。予約手続きは昨日でしたが、今日6/1の空きが。びっくり。思わず予約を入れようと。残念ながら地元の予定があり断念。14日に取れました。 案外簡単に、手続きできました。最初の失敗からの試行錯誤でかなり改善されているようです。特に、学生お助け隊大活躍です。緊急事態宣言下でバイト不足の学生救済にもなっているようです。

☆ 7月25日(日)には、「つなぐ」会派で街頭市政報告会を予定

「うらがみ 忠文」市議
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
今日は、恒例の団会議でした。
団で、一番若い香川議員が、7月の22日(木」から4
連休なのを知っていますか、と発言がありました。
25日(日)には、「つなぐ」会派で報告会を予定して
います。

その4連休は、オリンピックのために休日を寄せ集めた
スケジュールだそうです。
それはそうと、オリンピックは、どうなっているのでし
ょう。その休みのことを聞けば、あと50日でっせ!

どんな選手が出場して、見どころはいつや!というような
本が出たり、テレビやネットで話題になって良さそうなも
のやのに。マスコミではまったく話題になりません。
俺だけが知らないだけで、オリンピックはやらないことに
きまっているのでしょうか?

なんか、静かすぎて不気味です!

神戸市会議員 浦上忠文

ギャンブル依存症について

「高橋 ひでのり」市議

昨日5月26日は、依存症対策で市民の話を聞きました。
11時から13時まで、ギャンブル依存症家族会の方3人と協議。
まずはそれぞれの体験談を聞きました。
みなさんが、息子さんや夫さんのギャンブル依存に、多額の借金をきっかけに気づきながら、最初は尻拭いを必死で行い、本人が問題を認めたら今度は相手を攻め続けたりしていたこと。
本人がGA(当事者の自助グループ)につながり、
ご家族も家族会につながる中で、自分自身のかかわり方の問題を見つめるようになり、今では本人のスリップにも一喜一憂しなくなったことなど報告されました。
私自身が、35年前に生活保護ケースワーカーとしてアルコール依存症者に関わる中で感じた、様々な気付きを思い起こさせてくれたお話でした。
依存症と言われる精神障害は、統合失調症のような一般的な精神障害のように、薬で治るものではありません。
本人や家族が自分の生き方や人間関係の仕方を見つめ、依存症と言う病気を認めるプロセスがどうしても必要です。専門機関で認知行動療法と言われるグループワークを受けるのも、率直に自分の状況を病気と認めることが目的です。
家族の方も自分の生き方を見直した経験から、「当事者や家族が一日も早くGAや家族会につながるように関係機関への働きかけを一緒に行ってほしい」と要望されました。
借金問題がきっかけになることが多いので、司法書士の団体などに一緒に働きかけていこうと思います。

元投稿(Facebook)→

重度身心障がい児の保護者と臨床心理士会の羽下会長からのお話

「小林 るみ子」市議
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

今日は、午前は、香川しんじ議員の紹介で、🌹重度身心障がい児の保護者の要望を また、午後は、うらがみ忠文 団長の紹介で、🍀臨床心理士会の羽下会長の要望を聞かせていただき、充実した懇談の場を持つことができた。つなぐ議員団に委ねられた課題として、今後、取り組んでいきたい。
🌹神戸市には、3つの療育センターがあり、重度身心障がい児が言語聴覚療法のセラピー等々で、通所している。しかし、回数も不十分な上、療育センターの中でも不公平感がある。支援の充実のため、現状の改善を求めている。
保護者の話を聞きながら、親の特に母親の手を借りての子どものケアが今尚続いている神戸市の現状を残念に思う。親は、生活のために働かなければならない、一人の女性としての人生もある。その生き方を尊重するためにも、マンパワーをはじめとしたソフト面での充実に力を入れたい。
🍀垂水区の女子中学生自死事件を機に、第3者委員会のあり方について再三ただしてきた。中立性・公平性に欠けた第3者委員会。新たに市長権限で設置された再調査委員会によって調査が行われ、課題&提言が書かれた最終報告書が出された。それで、いちおう決着がついたが、これで終わったわけではない。その提言が教育現場でどのように生かされているのか、その後のチェックが必要だが、議会では限界がある。
今日、羽下先生のお話を聞きながら、やはり、子どもの人権を前面に出したオンブズパーソンの仕組みの設置が必要だと、改めて思った。公設のオンブズパーソン制度は、関西では、既に川西市をはじめ、宝塚市や尼崎市にある。神戸市もあとに続けないだろうか。


元投稿(Facebook)→

「会派つなぐ」Topページ!

(オフィシャルサイトへ)